スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

夜のカジノ船withデボラ様(2)

続きです!

*船室

戦士「ここで勝負に出なければ 男の恥…。んご~」

デボラ様『大勝ちした夢を見て それで目が覚めると
むしょうにくやしいわ』



バニー「ずっと外にいたら 潮風で髪がベトベトになっちゃった」

デボラ様『ホント潮風って髪も痛むし いまだに好きになれないわね』

ポートセルミでも言ってましたね。
てかバニーがいるのはお風呂なんですが、
そこへのツッコミはなしですか?www



男「スロットのやりすぎで 人が絵柄に見えます。
ああ~ 踊るとよけいに~!」


デボラ様『なら踊らなければいいじゃない。
バッカじゃないの?



男「明日こそ…明日こそ…勝つ!」

デボラ様『明日こそって言ってるうちは
ぜったいに勝てないわね



じーちゃん「わしだって若い頃は誰よりも踊っておったぞ!
見よ!この美しいステップ…うっ!コシが…」


デボラ様『若い頃の話でしょ?
今はもうムリそうじゃない』


すごい!
刃だ!刃ですデボラ様!!!


女性「カジノで集中した分 踊って気分転換するのよ」

デボラ様『集中した後は踊るより
私は買い物して気分転換するわね』


気分転換もお金がかかるデボラ様wさすがはセレブですwww



*船員たちの船室

船長「今 航海日誌を書いていたところだ。
たとえ外海に出ることがなくとも 昔からの日課はおこたらない主義でね」


デボラ様『そういえばうちの船の航海日誌ってちゃんとつけてる?』
「はい」
デボラ様『つけてるところを見たことがないけど
こっそり つけてたのね。』


「いいえ」にしたら相当怒られるんだろうなあwww


男「昼にたっぷり寝たから夜の仕事も大丈夫さ」

デボラ様『でもこの人1人だけよね?大丈夫かしら?』



*すごろく場

男「この世のどこかにすごろくがいくらでも出来るという
ものすごいパスがあるらしい。それが手に入るなら
いくら払ってもおしくはないのだが…」


デボラ様『パパから聞いたことがあるけど たしか
セレブリティパスとかいう名前じゃなかったかしら?』



戦士「くそっ すごろく券が切れた!」

デボラ様『あんたはすごろく券は大丈夫よね?
もってなくてできないとか みじめなマネは
ごめんだからね!


わがままデボラ様vvv萌え(M)



*船倉

男「もしこの船がしずんだら歴史に残りそうだよな」

デボラ様『船に乗ってるときにそういう不吉なことは言わないでほしいわね』


男「ボク船員だけど泳げないんだよ。沈まないといいなあ~この船…」

デボラ様『泳げないのに船員やってんの?向いてないから
やめたほうがいいんじゃない?



男「…だからサボってません!ぐお~…」

デボラ様『…パパに言って
こいつ
やめさせようかしら?


本当にちょっと怖いwそんなデボラ様が好きですvvv


コック「よし!この味なら…ぐご~ぐご~」

デボラ様『そんなにおいしいなら食べてあげてもいいけど
まずはしもべ1号が毒見してからね』




夜のカジノ船はなかなかいい感じの毒舌っぷりです、デボラ様!

鋭さ ★★★★☆
頻度 ★★★☆☆
語彙 ★★☆☆☆

総合、★みっつですっ!!!
(ちゅーぼー的な)

明日こそは出航できるでしょうか!?

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

夜のカジノ船withデボラ様(1)

しもべ2号です。
またもやしもべをさぼっていました。

でも、「プライベートの忙しい用事」というのももう終わったので、
これからは存分にしもべ生活を満喫しようと思います!


さて、それではカジノ船から出航!
と思ったのですが、その前に…

夜のカジノ船がまだでしたね!

てなわけでまずはビーチから。


おばさん「夜更けのカジノ船てのもいいもんだよ。
今はカジノ室も静かな大人の時間さ。」


デボラ様『夜更けのカジノ船って
ここはカジノ船の外じゃないのよ


さっそく素晴らしい切れ味っ


男「こっくり…こっくり…
カジノ船には小舟で…」


デボラ様『ホントは小舟に乗るのも予約制だけど
私がいるから顔パスなのよ』


さすがですv


ではカジノ船へ。

女性「カジノ船から見る夜の海もきれいね。
あ!流れ星!恋人がほしい!恋人がほしい!


デボラ様『流れ星に願い事?
そんなあたりもしないこと
私はしないわよ


現実主義者のデボラ様ですv


奥さま「今は星空の下でお酒をたしなむ時間よ」

デボラ様『あらおいしそうね。でもあんたはお酒より
食事がしたいって顔してるわね』



*カジノ室

昼間とはけっこう様子が変わっていますね。


男「今は…今は…そっとしておいてください。はぁ~~~…」

デボラ様『あれはきっと負けすぎて家に帰れないから落ち込んでるのね』

きっと最高の笑顔でこのセリフを言ってるんでしょうww(・∀・)


マスター「へえ お客さん 旅の途中ですか。
このカジノ船も昔は海上をただよっていたんですが…
最近は危険ですからね。魔物のいないこの島に泊めているんですよ」


デボラ様『平和になったらまた海上をただようのかしらね。
でもそうするとカジノ船に行くのが大変よね』


へえ、この島って魔物がでないんですね?
知らなかった…


神父「やはり神の力にたよりすぎてはいけません!
自分の力でなんとかしないと。次こそダブルアップを…」


デボラ様『神父がこんなとこで遊んでていいわけ?」

教会はもっぱらマザーがやってるみたいですねw


*ステージ近辺

オネエ「低い男の声っていいわ~。
男のあたしだって しびれちゃう」


デボラ様『どちらかといえば私も かん高い男の声よりも
低い声の方が好きだわね


しもべ1号はどうなんでしょうか?
2号はとりあえずかん高くはありませんvセーフ!


奥さま「美しい歌声…。カジノってこのような楽しみ方もあるんですのね」

デボラ様『あんたも歌ぐらい…って
どうみてもムリそうね


そ、そんなっ…(泣)


歌手「お金は鏡のようなもの~
時には憎しみを映しだし~ 時には愛を映しだす~」


デボラ様『あれはこの場にいる人たちへの皮肉かしら?

変な歌ですねwww
みんな感動してるけど、そういや声しかほめてません(笑)


イカサマGメン「このムードの中 さすがにイカサマする人はいませんね」

デボラ様『仕事なのはわかるけど
あんたの存在がムードを
ぶちこわしにしてんのよねー


存在否定!!!www
デボラ様万歳ー!

長くなってきたので、続きます!
web拍手 by FC2

カジノ船・すごろく場&船倉withデボラ様

*すごろく場

デボラ様『パパったらすごろく場まで作らせてんの!?』


男「うぬぬ…いくら金があっても すごろく券がなければ遊べんとは」

デボラ様『そもそもすごろく券って誰が作ってんの?』

謎多きミニゲームw


女の子「カジノとかすごろくって あまり頭を使わない方がいいのよね」

デボラ様『そうそう!こういうのは直感で勝負する方がいい結果につながるのよ!』

「あんたには使える頭もないでしょ」とか言ってほしい


戦士「しょせん遊びとあなどれないのだ。
考えに考えなければゴールにはたどり着けんぞ」


デボラ様『うだうだ考えるより 思い切って進んだほうが
あんがいうまくいくと思うわよ』


「じゃああんたは永遠にゴールできないわね」とか言ってほ(略)


男「もう少しでゴールだったんですよ!
あそこで船が大きくゆれなかったらサイコロの目もそのままだったのに…」


デボラ様『これはサイコロを投げるときは注意したほうがよさそうね』

「自分の運のなさを呪いなさいよ」とか言(略)

なんだか切れ味が鈍いですね、デボラ様…しゅん(M)



*船倉

男「ここは船倉だ。カジノの景品やら客の荷物やらでいつもいっぱいさ。
言っとくが手を出したりするなよ」


デボラ様『この私が手をつけるはずがないじゃない!失礼ね!!』

怒りんぼデボラ様の方が好きですっvvv


男「しかしまあ カジノで遊ぶのにこんな荷物が必要なのかね~」

デボラ様『まるでこの船に引っ越してきたみたいな荷物ね』


船員「そういやこの前ルドマン様の娘さんがここで結婚式をあげたんだよ。
あの時は大変だったけど 言い結婚式だったな~。

って…ありゃ!あんたはルドマン様のむす…いやお嬢さん!こ、こりゃ失礼しました!
でもたしかルドマン様はお嬢さんをここには決して来させないって…

それが今 許されてるってことは お嬢さんが大人として
認められたってことなのかな」


デボラ様『そういう理由でパパが私を連れてこなかったのね』

え…そういう理由ってどういう理由ですか?
しもべ2号にはよくわかりません…

「大人として認められてなかったから」って理由ですか???

違いますよ。
デボラ様が結婚してルドマン家の家計から離れたから
許されたんですよ。

ルドマン、やはりあなどれない男です…


船員「いいえ!自分はサボってカジノで遊んだことはありません!
むにゃむにゃ…」


デボラ様『私の目の前で堂々とサボるって なかなかいい度胸ね!』


コック「今お客さんに出す料理を作ってるところさ。
ここには味にうるさい人たちもたくさん来るからね。
その人たちにウマイ!と言わせるのが私の生きがいだよ」


デボラ様『お金持ちが大勢乗ってるんだから 味にうるさいのも当然よね』


ふう長かった!

カジノ船でこんなにてこずるとは!

これからテルパドールに行く前にいろいろ寄り道しようと思うので、
この調子だと冒険自体はぜんぜん進みませんねwww

すみませんがお付き合いください!

とりあえず出航しましょう~♪
web拍手 by FC2

カジノ船・船室withデボラ様

では、船室の内部へ。

おばさん「うちのダンナは何であんなにカジノが好きなんだろうね。
やっちゃダメとは言わないけど ほどほどにしてもらわないと…」


デボラ様『私はあんたにやっちゃダメとかは言わないわよ。
そのかわりやるときは私もカジノに連れて行きなさいよね』


連 れ て 行 っ て
ももももも萌え!!

男「勝つときは勝つし 負けるときは負ける。
のんびりいきましょう…」


デボラ様『のんびり?
グズグズしてるとツキを逃すわよ。』



学者「スロットの当たる確率を計算しているんだが…
計算で出た答えとじっさいのスロットの結果がどうにも合わんのだ」


デボラ様『前にパパが計算で当てられないように
改良したとか言ってたわね』


ああ…
頭でっかちで逆にバカねとか言ってほしい…


*2階

男「ここは特別室につき一般の方はご利用できません。
ん?…あ!あなた様はっ!これは失礼いたしました。
ルドマンさまよりお聞きしております。
こちらの特別室でお休みになりますか?」

「はい」
男「それではごゆっくりお休みくださいませ」

男「おはようございます。
それでは今日もごゆっくりお楽しみくださいませ」


デボラ様『さすがパパが作らせただけあって
ねごこちは最高ね!』


しもべ1号2号の永遠のライバルは
やっぱりパパ(ルドマン)なんでしょうか!?


奥さま「波にゆられながら おいしいものを食べ…
夜は星空の下でお酒をたしなむ…最高のぜいたくですわね。」


デボラ様『でもあんまり食べながらゆられてると
気持ち悪くなるときもあるんじゃない?』



女性「奥さまはご旅行がお好きな方で世界中をまわっていらっしゃます。
でも最近はどこも危険ですので 少しひかえていただかないと…」


デボラ様『奥さんはこうして旅行してるけど
ダンナさんは一緒じゃないわけね


きたー!これこれ~!!



*船員たちの船室

船員「ん~。今 仮眠中なんだ…。
もう少し寝かせてくれよ…」


デボラ様『ちょっと こんなむさくるしいところなんか来て
何が楽しいのよ


ひー!ごめんなさいvvv(M)


船長「以前はちがう船に乗っていたが
ルドマン様からここの船長になれと くどかれてね。
最初はことわったんだが 何度もたのまれて結局引き受けてしまったんだ。
あの押しの強さこそルドマン様が成功した秘密なんだろうな。」


デボラ様『ホント パパって1度こうだと決めたらなかなか変えないのよね。』

あなたもねv


男「船長は昔 魔物のしゅうげきを5回も乗り切ったそうだ。
同じ海の男として そんけいするね」


デボラ様『たった5回なんてたいしたことないわね

ですよねwww


さて、では次でカジノ船ラストです!
web拍手 by FC2

カジノ船ステージ周辺withデボラ様

では次にカジノ船のステージの周辺です!


男「いてて…いや~あの踊りは はげしいですね。
身を乗り出して見ていたら けとばされてしまいました」


デボラ様『けとばされるほど 身を乗り出してるのがいけないのよ


オネエ「ヘタなダンスね~ あたしの方がもっと力強く踊れるわ!
あなたもそう思わない?」

「はい」
オネエ「あらっ あなた見る目あるのね。一杯おごっちゃおうかしら」

デボラ様『あんたみたいなのが踊ったら 
客はみんな帰っちゃうわよ!!』


いぇ~い♪


ゴロツキ「こんな格好をしてますがじつはイカサマをしてる人がいないか見張ってるんです。
これが私の仕事でしてね。…あっ!誰にも言っちゃダメですよ!」


デボラ様『イカサマを見張ってる割には
さっきからやたらと ステージの方ばかり見てない?


鋭いのは切れ味だけじゃないんですねw


踊り子「ここでのお仕事ってけっこうお金になるのよね~」

デボラ様『パパっていったい この娘たちに
いくらお給料あげてるのかしらね』


ドラクエワールドでこんな発言どうなんでしょうか?w


踊り子「あら?飛び入り?私たちのステップについてこられる?

デボラ様『あら言ってくれるわね。
私のかれいなステップを見せてあげようかしら』



踊り子「カジノもいいけど私たちのダンスも最高でしょ?」

デボラ様『ちょと しもべ1号!
なにまじまじと見てんのよ!


怒られちゃいましたvvv(M) 


踊り子「さっき足に何かぶつかったみたいだけど…気のせいよねっ」

デボラ様『けったのに気づかないほど 夢中でおどってるのかしら?』

ちょっと毒が少ないですね~
「気づかないほど頭からっぽなのかしら」とか言ってほしいですっ(><)


踊り子「このお客様からの視線がたまらないわ!」

デボラ様『そうかしら?
私は したごころみえみえの男の視線なんて
気持ち悪いだけだけど。』


ああ、そうです。こんな感じがたまりません!


踊り子「ワンツー ワンツー!」

デボラ様『あの娘まだ新人ね。他の娘とステップがずれてるもの。』


踊り子「あっ 話しかけないで!ラインがみだれちゃうわ!」

デボラ様『踊り娘の化粧ってみんな厚化粧よね。
そんなに素顔に自信がないのかしら?


その調子です、デボラ様!!


踊り子「ダンスしてるときは私の足にさわらないでね!」

デボラ様『もしかしてあんたあの娘の足にさわったわけ?』
「はい」
デボラ様『あんたって…。みっともないことはやめてよね

最後の最後で
意外と怒られなかった…しゅん(M)

にしてもこういうとき基本姿勢の「はい」は心苦しいです。



まだまだ続きます!
web拍手 by FC2
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
当ブログについて(・∀・)
今更DSのドラクエ5をプレイしているしもべ2号です!(1号はゲーム内の主人公。)このブログは、デボラ様と結婚したしもべ1号2号の、プレイ日記兼しもべ生活日記です。
基本スタンス=しもべ+ドM。andネタばれ。この2点だけご了承を♪
カウンター置いてみました
カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

しもべ2号

Author:しもべ2号
デボラ様のしもべ2号です。ドラクエ大好き。でもプレイしたことがあるのは2と4と5だけ。感想などコメントいただけたら泣いて喜びます!相互リンクも大募集★コメント欄やメールフォームででお気軽にお声かけください♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
オススメですよ☆FC2
注目!


PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。